リビング・ダイニング

吹き抜けは最高に気持ちいい

機吹き抜けにするか、しないか。
 
 
 
 
 
 
 
吹き抜けにしたいけど、部屋も欲しい、みたいなショック
 
 
 
 
 
 
けっこう悩みますよねニコ
 
 
 
 
 
 
吹き抜けにするとして、
 
どのくらいの空間にすればいいか、とか。
 
 
 
 
 
 
ホントにわからないガーン
 
わからないけど、今では何となくわかる気がしますニコ
 
 
 
 
 
 
吹き抜けは、
 
 
 
我が家にとって、光を取り入れるための必須空間キラキラ
 
 
 
 
 
 
壁に光をあて、反射させますニコ
 
 
 
 
 
 
そう、この反射こそがもっともこだわったポイントなんですウインク
 
 
 
 
 
 
光が部屋中をグルグル回りますウインクウインクウインク
 
 
 
 
午前中
↓日光が写真右側の壁を照らします
 
 
 
 
 
 
 
そして、日中は、中庭の北側の外壁に反射させますグッ
 
 
 
 
 
 
北側を中庭にするメリットは何かというと……
 
そこに光を溜めるというか、
 
 
 
 
 
 
反射する光は直射日光じゃないので、光が柔らかくなって溜まる感じニコ
 
 
 
 
 
 
北側の外壁に光をあて、反射させると、もうそれだけで部屋の中はめちゃくちゃ明るくなりますニコ
 
 
 
 

日中】
↓写真右側の壁は北側の外壁。
 
 
 
 
 
 
 
光が当たっているのが分かりますでしょうかニコ
 
 
 
 
 
午後】
↓西陽が左側の壁を照らします

 

 
 
 
 
光の入り方を計算すると吹き抜けのメリットが最大に活かせるかと思いますニコ
 
 
 
 
 
 
私は、模型にペンライトを当てながら、春夏秋冬の太陽の角度を変えて何度も何度もシミュレーションしましたニコ
 
 
 
 
 
 
 
所詮、シロウトなので、完璧ではなかったのですがアセアセ
 
 
 
 
 
光を計算する場合、
 
窓の大きさも重要ポイントですよねウインク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です