トレンド

気になる新製品!ヘルシオグリエで、カチカチ冷凍食パンが出来たてモッチリ!


ウォーターオーブンとしてすっかり有名なシャープの「ヘルシオグリエ」。
あのシャープが、新搭載のふわふわモードで“生食パン”の窯出しのおいしさを再現する、ウォーターオーブン専用機「ヘルシオグリエ AX-GR1」を、11月28日に発売します。なんと新製品です!
価格はオープンプライス。店頭予想価格は29,800円前後(税抜)。

筆者は現行モデルの「ヘルシオグリエレンジ」を使用していますが、毎日大活躍しています。確かに、冷凍食パンも外はサックリ、中はフワフワもっちりにできます。それだけに、今回の新製品は気になります。

今度の新製品は、カラーは赤と黒の2色展開。黒がシックでカッコいい!このデザインはインテリアとしても映えますね。

そもそもヘルシオグリエは、たっぷりの水を使った過熱水蒸気で食材を温める点が特徴で、この過熱水蒸気を使って“水で焼く”を実現しています。たっぷりの過熱水蒸気によって、食材の内部までしっかり水分を与えながら焼き上げるわけです。

だからトーストは表面はサクっと中はもっちりした食感になり、天ぷらや唐揚げなどの揚げ物を温め直す際もサクッと焼き上げられるわけですね。では、新製品では、どんな機能があるのか紹介しましょう。

生食パンの焼き立て食感を再現

新モデルでは、食パンに焼き目をつけずにふんわりと温められる「ふわふわモード(弱モード)」を新たに搭載しました。はっきり言って、これはかなりイイ!パン好きな方はきっと毎回使用することになりそうですよ。

最大25mlの水を使った100℃以上の過熱水蒸気がパンを包み込んで、絶妙な温度コントロールでパンの内部に適度な水分を与えて温めます。
なんと、冷凍された食パンも、焼き目をつけずにふんわりと温められるとのこと。スゴイ!

いま、世間は「高級食パンブーム」。うちの近くのお店も、焼き立てを求めて店頭には長蛇の列ができています。しかし、ふんわりもちもちとした食感が特徴の生食パンは、1~2斤で売られていることが多く、日にちが経つとパサパサになってしまいます。

食べきれない分は冷凍して、後日トーストして食べればいいのですが、やはり生食パンはトーストしないのが一番美味しいですよね。

そこで、新搭載のふわふわモードが大活躍するわけです。絶妙な温度コントロールで、冷凍食パンでも焼き目をつけずにふわふわの食感を再現するとのこと。つまり、「生食パン」がいつでも食べれるわけです。これ、欲しい…。

カチカチの冷凍食パンも、出来たてのふわふわに

運転モードは計4種類。生食パンの再現に向いた「ふわふわ(弱)」、クロワッサンや惣菜パンの温めに適した「中ふっくら 外サクッ(中)」、揚げ物の温め直しに向いた「サックリ(強)」と、「トースト」があります。

サックリモードでは、パン、卵、ベーコンなど異なる食材を同時調理できる「モーニングセット」(約6分)にも対応。朝食の一皿が一度で簡単にできあがり、忙しい朝に活躍しそうです。これは便利かも!

一般的なトースターだと、トーストが焦げたり卵も固くなったりして、うまくいきませんが、ヘルシオグリエなら完璧!完全お任せでOKなんです。

また、手入れ面も改良され、焼き網が取り外せるようになり、掃除がしやすくなっている点も嬉しいですね。

新しくなったヘルシオグリエ。新機能搭載でさらに話題を呼びそうです。気になった方はぜひ、店頭でお試しください。

※本体サイズは、412×306×227mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約5.7kg
 消費電力は1,410W。コーティングトレイ、メニューラベル、メニュー集が付属

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です