トレンド

オールブラックスのハカ、『カパオパンゴ』とは?

いまラグビーが熱いですね!ここまで盛り上がると、ラグビーファンじゃなくとも、さすがに興味が湧き、いろいろと調べたくなった人も多いと思います。ラグビーは伝統あるスポーツです。調べれば調べるほど、面白くなるはず。ルールがわからない人もルールを知りたくなるし、ルールが分かるとゲームの面白さが分かります。そして、それぞれの国のチームに興味が湧いてくるから不思議ですね。あなたがトリコになるのにさほど時間はかからないでしょう!

エキサイティングなゲームももちろん気になりますが、あなたは、あるチームが試合前に踊った「儀式のような舞」に目を奪われたのではないでしょうか。これが「ハカ」と呼ばれるもの。そのチームがニュージーランドのオールブラックスです。今回は限られた試合でしか行わないスペシャルバージョンの「カパオパンゴ」を見せてくれました。ハカは聞いたことがあっても、カパオパンゴは初耳という人のために、その意味を探ってみたいと思います。

 

カパオパンゴの意味

21日、3連覇を狙うニュージーランドが、優勝2度を誇る南アフリカを23-13で下し、6万人を超える観衆が酔いしれましたが、このニュージーランドのチームがオールブラックス。オールブラックスといえば「ハカ」で有名ですが、今回はそのスペシャルバージョンの「カパオパンゴ」について調べてみました。

まず、オールブラックスのハカの種類は2種類。

  • カマテ
  • カパオバンゴ

カパオバンゴは、重要な試合の時に披露されるハカです。

「カパオパンゴ」の意味は「黒い服の戦士と、銀の羊歯」。

黒い服はオールブラックスのユニフォームからもわかります。そして、銀の羊歯は「シルバーファン」であり、ロゴマークとなっています。なるほど…。

オールブラックスは試合の際、誰がハカのリード(中心となってみんなを先導する人)になるのか、どちらのハカを行うかは試合前にチームで決定しています。チームのその時の状態や対戦相手が誰かによって決まるのだとか。

カパオパンゴの歌詞

カパオパンゴの歌詞は以下になります。

 

リーダー:Ho ri te!!! (鋭く叫べ!!!)
              Ha ho ripe!!!
              Ka mau!!!! 

チーム   :Hī!

リーダー:Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
            (オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!)

チーム   :Hi aue ii!             

リーダー:Ko Aotearoa e ngunguru nei!(鳴動する我らの国よ!)

チーム   :Au, au aue ha!(今こそ、我が奮起する時!)

リーダー:Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!(それこそが我らをオールブラックスたらしめる!)

チーム   :Au, au, aue ha! (今こそが その時だ!)

リーダー:I ahaha! (輝く時!)

全員     :Ka tu te ihiihi  (我々が支配し)
             Ka tu te wanawana (その優位は偉大なる勝利となり)
             Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !(敬われ 高く掲げられる)

リーダー:Ponga ra! (シルバーファン!)

チーム   :Kapa O Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!)

リーダー:Ponga ra! (シルバーファン!)

チーム   :Kapa o Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!)

全員     :ha!

となっています。まさに自分たちを鼓舞する内容ですね。

 

まとめ

いかがでしたか。今回はカパオパンゴの歌詞の意味やオールブラックスのハカの種類について紹介しました。ちなみに、もうひとつのハカ「カマテ」が気になった人もいるのでは?「カマテ」は、1888年の国際的なラグビー大会でニュージーランドのマオリチームが初めて披露して以来ずっとオールブラックスが行ってきたハカです。

オールブラックスの面々が隊列を組み、主将が掛け声を上げると、声を上げ、腕を叩き、独特の地を踏むリズムを刻む。このド迫力の舞いに観衆も興奮!

今回のワールドカップはぜひ、オールブラックスのハカに注目してみましょう!また違った楽しみ方ができますよ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です