クルマ

ポルシェ991は最高だけど、気になる新型992

ポルシェが載った雑誌は気になってついつい読んでしまう。

先日、車検から991が戻ってきた。やっぱりいいな。エンジンをかけたとき、ギアを入れたとき、走り出した瞬間。やっぱりいい!!!ハンドリングも最高。

ふと、この前読んだ新型992の記事を思いだした。さほど変わらないだろうな…と気にしないようにしてきたけど、どうなんだろ。998から991に乗り継いだとき、衝撃を受けたけど、果たして新型992には感動するのかな。991は、面白い」という人も多いけど、「最新のポルシェが最良のポルシェ」とよく言われるしね。うーん、気になるところ。

というわけで、992についてちょっとお知らせです。

992のスペック

ワイドフェンダー化にともなって、前20インチ/後21インチの大径タイヤで、ボディはアルミ比率が30%→70%らしい。これだけでもどんな走りなんだろ、と想像を掻き立てるスペック。

新型992には、911で初めて8PDKが導入された。しかし、多段トランスミッションだと、特に速度変化があまりない日常走行では「シフトチェンジを行った」実感に乏しく、走りのメリハリ感に欠ける印象があるそうだ。それもイマイチつまらないかもね。しょっちゅう高速に乗るわけでもないし。

それに、ギア比率が細かく刻まれているため、変速前後でのエンジン回転数の違いはごくわずかで、エンジン音の変化もそこまで感じにくいらしい。エンジン音を感じたいのにな。

992PDK8速になったのは、「燃費向上」のためらしい。実際に、100km/hクルージング時のエンジン回転数は1400rpmほどに過ぎないそうだ。うん、実用的だと思う。

ちなみに、992カレラSのボディサイズは【全長:4,519mm×全幅1,852mm×全高1,300mm】。991と比べると「全長:28mm、全幅:44mm、全高:5mm」大きくなったそうだ。

991のオイル交換

そろそろオイル交換時期かなと思い、しばし待つことに。クルマを下から見ることなんてないからいつも新鮮だよね。ところで、ポルシェのオイルはけっこう高い。いいオイルだから仕方ないけど。

オイル交換はディーラーではなく、いつも親しくさせいただいてる社長さんのとこ。

991を楽しもう

991は、997より軽量になり、ボディはさらに強靭になった。997と比べて誰もが実感できるほどの軽快さを備えていたから、まったく別のクルマみたいな感覚。991の前期は、911最後のNA(自然吸気エンジン搭載モデル)モデルとなったわけだし、まだまだ991を楽しもうと思う。

だから、992を試乗するの、しばらくやめとこ(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です